引越しがをする際はそれに伴い様々な手続きが必要となります。基本的に必要となる手続きを記載しました。

引越しをする時の手続きは住所に関するもの
NAVIGATION
サイト内検索(by Google)

引越しする際の手続き

引越しが決まったら、それに伴いいくつかの手続きが必要となりますので、忘れないように実施しましょう。また、ガスや電話、インターネットなど引っ越し後に立ち合いが必要なものについては、都合の良い時間を指定するために早めに調整しておくのがよいでしょう。ガス、水道、電気など、自身で連絡しなくてはならないので、連絡先のわかる料金の知らせ票などを手元に置いておくようにしましょう。

・転出届市外へ転居する場合は市役所に行き、「転出届」を提出し、「転居証明書」を発行してもらいます。
住所が変わったあとに、新住所先の市役所で必要になります。
印鑑登録がある場合は自動的に抹消されます。
転出の2週間前から手続きが可能です。
・転居届市内での引っ越しの際は「転居届」が必要となります、これも市役所で手続きします。
引っ越し後2週間以内に手続きをします。
・転入届/印鑑登録引っ越し後、2週間以内に市役所で「転出証明書」を提出します。
印鑑登録の登録申請も一緒に提出します。
・郵便局への転居届引っ越し1週間前までに、「転居届」のハガキで提出します。
これをだしておくと、1年間は旧住所向けの郵便物が届きます。
・電気電力会社へ事前に引っ越しの旨を連絡し、停止日、新居での開始日を伝えます。
引っ越しする際、ブレーカーを下げていきます。
引っ越し先の新居に電気使用申込書があるので、これを記入して投函します。
基本的には事前に連絡した際、方法を教えてくれるでしょう。・ガス1週間前までに、ガスの営業所へ連絡します。
使用停止日、新居での使用開始日共に、担当者が来てメーターの確認や、閉栓/開栓の作業をします。
・水道管轄の水道局に引っ越しの旨を連絡します、使用停止日に担当者が来て、メーターの確認をしてくれます。
・電話「116」へ連絡します、そのまま新しい電話番号を選んだり、工事の予約ができます。
差込口まで電話線がきている場合は、立ち合いは不要です。
・インターネットプロバイダに連絡します、基本的にはWEBサイトから手配できるので、その通り手配します。
移転先でインターネット開設の工事が必要の際は、希望日に予約が取れない可能性があるので、早めに手配しましょう。・新聞新聞をとっている場合は、直接新聞販売店に解約を申し出ましょう。引っ越し先でまた別途契約します。
大手新聞会社のものであれば、web上で契約変更ができるものもあるでしょう。・運転免許証引っ越し後、警察署あるいは運転免許センターで住所変更の手続きをします。
新住所を証明できるものを持っていく必要があります。