引越しが決まったらなるべく早めにどんな手続きが必要か把握しておく必要があります。いくつかの手続きを紹介します

引越しをする時の手続きは住所に関するもの
NAVIGATION
サイト内検索(by Google)

引越しにかかわる様々な手続きについて

引越しが決まったら、それに伴いいくつかの手続きが必要となります。
荷物の整理に気を取られてついつい忘れがちなので事前にチェックしておくことをすすめます。
市役所への転出・転入届、電気ガス水道の光熱費関係、インターネット、郵便局への転送届、新聞、運転免許、このあたりが最低限必要な手続きです。
そのほかについては、郵便局の転送届をしっかりしておけば後から随時住所変更の登録をかけていけるので問題ないでしょう。宅配便を定期的に使っている場合は、念のため各業者へ転送の連絡をしておく方がよいでしょう。会社勤めをしている場合は、なかなか市役所に行く時間がなかったりしますので、早めに確認しておく必要があります。
転出届は2週間前から受付しています。
引っ越し先での転入届については、多少遅れてもどうにかなりますが、転入届を受理されるために、旧住所での転居証明書が必要となります。
同市内の場合は転居届のため、引っ越し後に市役所に行けば問題ありません。

ガス、水道、電気など、自身で連絡しなくてはならないので、連絡先のわかる料金の知らせ票などを手元に置いておくようにしましょう。また、ガスや電話、インターネットなど引っ越し後に立ち合いが必要なものについては、都合の良い時間を指定するために早めに調整、手続きしておくのがよいでしょう。私自身、何度も引っ越しを経験しましたが、インターネットなんかは開設工事の指定が2週間後以降だったり融通が利かず引っ越し後しばらくインターネットが使えない状況になったこともあるので、その後は注意しています。
つい忘れがちなのは、地震保険など家にかけていた保険です。
これについては引っ越しする際にタイムリーに行っておくべきでしょう。