私は過去に2回ほど引越しをしています。その際に行った手続きについて思いなおしてみてみようと思います。

引越しをする時の手続きは住所に関するもの
NAVIGATION
サイト内検索(by Google)

引越しの手続きに関して思う事

私は過去に二度の引越しをしています。
その際の手続きがすごく面倒だったような覚えがあります。
1つ目は書類。引越しに必要な書類が何点かありました。
そして保証人も必要でした。
私が借りようとしていた所は保証人は親ではないとダメでした。

しかし、最近では保証人サービスみたいなものがありお金を払えば、保証人の代行をしてくれるという所もあるみたいですね。だから、事情があって親、兄弟に保証人を頼めない人にも安心なんだなーと思いました。
私は無事に親になってもらえて安心しましたが。そして、一番大切なのは役場関係の手続きとか生活必需の手続きですね。まず、光熱費の住所変更。これを忘れると契約日から入れないという最悪な事態になってしまいます。
水道、ガス、電気、固定電話。必ず必要ですね。

さらに、役所に転出届も必要になってきます。
同じ地区などの場合は比較的楽に済むイメージはありますが、私は隣の市に引越しをしました。
最初はもともと住んでた所の役場に行ってから、書類を持って新しい所の役場にいくのかとおもっていました。

しかし、実際は新しい街の役場のみでいいみたいです。
そういう事もよく調べなければいけませんね。国民健康保険、子供手当なども同時にやらなければいけませんし。私は子供がいますので、子供の転入届も一緒にやりましたよ。私の地域の転校は転校3カ月前には言わなければいけませんでしたが、いろいろ調べてみると地域によって違うみたいです。